記事一覧

シーズン10使用構築。ゴウカザル軸積みサイクル。最高&最終レート2103

シーズン10お疲れ様でした。


最高最終レート共に2103でした。パーティーはゴウガザル軸積みサイクルです。今年から社会人になり時間があまり取れないため一戦ごとにあまり時間がかからない。積みサイクルの天敵の挑発や
草結びもちボルトロス、ジャローダに強い、あと個人的にゴウカザルが好きという理由で使いました。




パーティーはこんな感じです。



ゴウカザル、CS252A4 せっかち
オーバーヒート、岩石封じ、アンコール(一時期きあいだま)、ステルスロック

このパーティーの初手率96%くらい。メジャーなステロ要因に強いジャローダやボルトロス、挑発もちゲンガーにも十分仕事ができるのがポイント。アンコールがあるのでオバヒうったあとに起点にしてこようとするやつにもつよいです。このパーティがマンムーかなりおもいのでオバヒを切って鬼火にしようかも迷いましたが岩石封じ+オバヒでこのパーティがキツイHSメガゲンガーやランドロスを葬れるのはでかいのできれませんでした。またレート2000台でも今の猿のオバヒはあまり警戒されないのか初手対面したクチートやヘラクロスを何体か葬りましたW一時期きあいだまにしていた理由は最近のメガガルーラが地震や捨て身で突っ張ってくることが多くなってきたからですが、①そもそも命中率が不安定なこと、②、ならASベースしてインファ採用すればよくね?てことでインファ採用しても無ぶりガルーラでようやく高乱数なこと(203ガルーラなら低乱数になってしまう)。③、ステロ撒けば後続でむりなく処理できること④クレセリアやゲンガーいたら普通に引くことも多かったなどから採用しませんでした。
6世代になって回りのパワーインフレに押されぎみのゴウカザルですが(まさか4世代あれだけ立場を追いやったバシャーモに逆転されるとはW。)バシャーモとはまた違う強さをもったポケモンだとおもいます。





ゲッコウガ 無邪気AS 命の玉
水手裏剣、けたぐり ダストシュート、冷凍ビーム

ガルーラ、ニンフィアやピクシーなどフェアリー勢、ファイアロー、ドラゴン系に強い駒として採用。スカーフガブやランドロスの地震で死んだらマンダの起点にします。見れるポケモンがかなり多くて便利でした。



メガボーマンダ 意地っ張りAS、ボーマンダナイト。
捨て身タックル、りゅうのまい、空元気、地震



このパーティ唯一のメガ枠、舞ったマンダの突破力はいまさら語るまでもないでしょう。鬼火で止まらない物理アタッカー強すぎワロリンW。



ライコウ、HC調整Sぶっぱ、たべのこし、十万ボルト、めざ氷、瞑想、みがわり
シーズン2でよく見られた瞑想ライコウ、メガマンダが苦手なトレースポリ2、クレセリア、サンダー、ボルトロス、スイクン等を起点にしてくやつ。今の環境こいつはあまりよまれないのか(はたまたパーティにクレッフィがいたせいか)非常によくささってました。こいつ一体で積ませたこともしばしば。



ジャローダ、臆病CS、ラムのみ、リーフストーム、竜のはどう、めざぱ炎、挑発、

主に受けループやバンギドリュやカバリザなどライコウを選出しづらいときや、害悪パーティに出してくやつ。最近の受けループはフシギバナではなくナットレイを採用しているパターンがおおかったのでカモでした。





クレッフィ、HD、おだやか、光の粘土、イカサマ、電磁波、リフレクター、光の壁。
このパーティ第2の起点要因。初手ゴウカザルがキツイメガミミロップ、マンムー、カイリューが見えたときに出してくやつ。あとは申し訳程度のドラゴン一貫切りが役目W。ぶっちゃけほぼ選出しなかった。もっと出せたとおもう。

重い方々
①ポリクチ、ヘラクレセなどのトリパ、
②ボーマンダやゲッコウガより早いドラゴン技もち(スカガブ、スカーフオノノクス、オンバーンなど)、
③ゲッコウガより早い高速アタッカー、(マニューラ、メガジュカイン、メガミミロップ、メガライボルト)
④メタモン。
⑤氷のつぶてもちの物理アタッカー(マンムー、パルシェン)
などでした。クレッフィの枠をボーマンダが選出しづらいときにだせる第2のメガ枠にしたほうがいいかもしれない。(メガサーナイトなど)


今季はレート上がりづらいと言われてたかなりの過疎環境でしたが自分が二番目に好きなゴウカザル軸、そして現環境相当キツイといわれている積みサイクルで2100いけてよかったです。シーズン11もゴウカザル軸でがんばります。
<
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント